資格取得とキャリア形成

12月 14th, 2016

看護師は患者さんに寄り添うことが大切です。そのためには、患者さんの病気に対する症状や知識を知ることが欠かせません。いつも学ぶ姿勢を忘れず、患者さんの症状の変化を見逃さないことが、スムーズな回復や治療に繋がります。

多くの研究者や学者のおかげで、医学は日々進化していきます。それにより患者さんの治療方法も日々改善されていくので、常に新しい知識を持っていることが大切です。

女性看護師は女性として家庭を大事にしたいと考える一方で、キャリアについて望みを捨てたくないと悩む時期があります。でもそんな時は焦らずに、ゆっくりでも学びを止めないことが大切です。

学ぶ方法のひとつとして、資格の取得があります。自分の勤務している分野での資格は、患者さんと接する中でとても役に立ちます。自分の勤めている分野に関する資格を取得すれば、患者さんの症状の変化があった時には、率先して医師や他の看護師と情報共有して、患者さんにスムーズに対応していくことが出来ます。また自分が学ぶことで、患者さんや周りのスタッフから頼られる存在になります。さらに、より経験豊かな自分のキャリアも積んでいくことが出来ます。

看護に従事するものとして、女性だからと言って、学ぶことに遠慮したり無理に遠ざかったりする必要はありません。自分の学ぶ姿勢が、周りに良い影響を与え、共に学ぶ意識を高めることも出来ます。看護師として臆することなく、積極的に新しい知識や資格を取得していきましょう。