介護士から学ぶ姿勢

1月 5th, 2017

看護師の働く病院では様々な専門職の人が働いています。看護師を含め専門職と言われる職業の中には、一般職と比べて、自分の意見がはっきりしている人や個性の強い人が多くいます。「この人と話すと、緊張してしまう」という人や「この人と話すといつも意見が対立してしまう」という人も1人や2人いるかもしれません。その中でも看護師の中には介護士とぶつかってしまって上手くいかないケースが多いようです。

ではなぜ看護師は介護士とぶつかってしまって、上手くいかないのでしょうか。
看護師の中には、「介護士は自分たちよりも立場が下」とか「介護士は看護師のサポート役」など思っている人も少なからずいます。看護師は医療知識を持っており、患者さんに直接処置をすることが出来ます。しかし介護士の場合には、こういった医療行為を行うことは出来ないため、「自分たちの仕事の方が、上」と思ってしまう人もいるのです。

しかし、介護士は医療の知識や経験はなくても、看護師よりも介護の知識や技術はあります。患者さんの中には高齢の方や障害のある方も多いため、介護が必要となる人もいます。介護士と看護師が上手く連携していけば、多くの患者さんの回復を早めることが可能になります。

また看護師は介護士から介護の知識を得ることが出来れば、看護師としての仕事に活かせることもたくさんあるはずです。そのためには介護士から、介護について積極的に学んでいくことが大切です。お互いに学ぶ気持ちで接していれば、トラブルになることも少なくなるでしょう。

看護師の中で介護士との上手くいかないなぁと思っている人は、まずは介護士という専門分野について、学ぶ姿勢を持つことが大切です。介護士の知識や技術から学ぶことはたくさんあるはずです。